退職について

新型コロナウイルスにおける退職心理

 

昨今世界中を騒がせている新型コロナウイルス。

その影響で退職を視野に入れる人も増加しているとのことです。

 

その理由としては

 

・テレワークといったような業務体型の変更に伴う不安や恐れ

・もともと退職を視野に入れていた人が混乱に生じて

 

が多いようです。

 

前者は場合によって騒動が収まるまで考えても良いと思いますが、

後者の場合は良いタイミングかと思います。

 

いやらしい話、退職理由も作りやすいですしね(笑)

 

業務体型の変更に伴う一社員の不安

 

新型コロナウイルスにおける外出自粛により、

テレワークを初めとした在宅勤務への業務体型の変化、

急なこの変化に対応できず、退職の思いを募らせる人は多いと聞きます。

 

対面じゃないことにより相手の心理が読み解きづらいテレワークへの恐怖、

在宅という業務管理がされていないように思われる体制下の仕事の評価の不満、

進捗が伸びない在宅への不満、

はたまた、通常勤務と在宅の不平等性からくる疑心感。

 

少し挙げたただけでもデメリットが多いですね。

 

ただ、人は新しいものに慣れるのは時間がかかるものです。

 

そして今は多くの企業が同じ業務体型になっているはずです。

 

その恐怖、不満は一時のものかもしれません。

自分の不満が退職に足るものかもう一度考えてみましょう。

 

業務体型の変更に伴う会社の対応

 

業務体型変更による会社の対応に不満を持つ人もいます。

 

私の以前の会社ではコロナ騒動が世を騒がせ始めた時、

現場から勤務日数を減らさなければいけないという話になったらしいのですが…

 

「周何日出勤になるんだ」

「現場ではどういう話になっているんだ」

 

という電話が社員にひっきりなしだったそうです。

 

社員からしたら

 

「え、むしろこっちが聞きたいんですが…」

 

といった感じですよね。

 

この当事者の社員は

当騒動に対する会社の対応で雑な部分が浮き彫りになり、

退社を決意したそうです。

 

緊急時に対する自社の対応を目の当たりにすることで

退職を意識できるのはいいことではないでしょうか。

 

これから先自分の人生を預ける仕事先の

本性を見極めるいい機会と解釈するのもいいかもしれません。

 

コロナに乗じた退職の切り出し

 

「以前から退職を考えていたが切り出すタイミングが…」

といって退職を見送ってた人が良いタイミングと

退職を切り出す人もいるようです。

 

個人的にはこの機を利用するのは悪いことではないかと。

 

そういったことを考えている人たちは

決まって退職理由を探してるだけの人が大半のはずで、

この機をのがした場合、またしばらく理由を探す期間になるはずです。

 

今、このタイミングを最大限に活用しましょう。

 

このタイミングを利用してよく考える

 

人によっては楽に仕事が出来て給料が入る現状を

喜んでいる人もいるでしょうが、

今は言い換えれば新しい道を探すチャンスとも呼べるはずです。

 

この現状によって退職を悩むようになった方、

今まで退職に悩んでいた方、

今悩むことを放棄するときっと後悔することになります。

 

今の仕事を続けるにせよ、新しい生き方を追い求めるにせよ、

よく悩み、最善の道を選ばれるように。

 

ただ現在は転職先を探すのも一苦労な状況です。

転職をすぐに探す方はそのリスクも鑑みるのを忘れないようにしてください。

 

-退職について

© 2021 仕事辞めていいですか? Powered by AFFINGER5