退職について

円満退職のために

 

退職は円満に完了したい。

退職を考える人であれば誰でも思うことでしょう。

 

退職前は些細な行動の一つが

相手に悪い印象を与え、残りの会社生活が悪影響を与えるかもしれません。

 

立つ鳥後を濁さず

自分の身を守るという意味でも

社会人としてのマナーを守りきっての退社を心がけましょう。

 

辞める時期は気にしすぎるな?

 

よくある意見で繁忙期の退職は辞めろ

という意見をよく聞きます。

 

まあ最もな意見だとは思います。

私も実際1つのプロジェクトの節目を退職時期に調整しましたので。

 

ただ、あまりこの意見に振り回されすぎないでほしい

というのが個人的な意見ですね。

 

円満退職のために

会社のことを考え、色々動かなくてはいけませんが

そのために退職時期を後ろにずらすのは必ずしも強制されるものではないと思います。

 

人として、社会人として

といえば聞こえはいいでしょうが、

その退職はあくまで自分のためのはずです。

 

自分の意思が強固なものなら

それは貫いてしかるべきでしょう。

 

事前通達は必ず

 

退職の通達は遅くとも1ヶ月前には、

という印象がありますが…

正直、1ヶ月前では会社の規模にもよると思いますが

通達が遅い、と思われてしまうケースがあります。

 

個人的な意見では2ヶ月前には通達しておいた方がいいかなと思います。

(私は5ヶ月前に通達しましたが笑)

 

そして通達する日は事前に上司に連絡を入れておきましょう

「○月○日の退社後、話したいことがあるのでお時間いただけますか」という風に。

 

まあ正直こんな言い方をすれば普通の人なら感づかれますでしょう

 

人によっては当日呼び出して意向を伝えればいいじゃん

と、考える方もいらっしゃるでしょうが、

 

心構えは退職者本人だけではなく、その上司にも必要ということです。

相手も同じ人間ですからね。

予め伝えられていた方が印象は大分変わります

そしてそれを整えることは、

残りのあなたの社会生活をに支障をきたさないためにもなります。

 

引き継ぎはしっかりと

 

勤めた年数が長ければ長いほど引き継ぐことは多数あるでしょう。

 

そして引き継ぎ時に間違えてはいけないのは、

引き継ぎが完了したかは、

退職者であるあなたではなく、引き継ぎ者が決めること

ということです。

 

引き継ぎの完了ラインを自分で決めてしまうと退職前にいざこざが発生してしまうことがあります。

必ず引き継ぎ者と打ち合わせをしっかりとしておきましょう。

 

理想は

引き継ぎのラインナップ、

それぞれの引き継ぎ方法、

それぞれの所要期間、

進行度、

 

を記録媒体にまとめておくといいでしょうね。

 

円満退職に1番大切なのは引き継ぎだと思います。

 

丸め込まれるな

 

退職の意向を通達する日、

退職を察している上司が

退職を引き止めるケースは多いでしょう。

 

そこで退職の意志は必ず曲げないでください。

 

上司はあれよこれよと引き留めようとアクションを起こしてくるかもしれません

 

少しでもスキを見せるとつけこまれますよ。

 

強固な意思を見せつけることにより

相手に「意志は変わらないな」と思わせることが

残りの会社生活を円満に過ごすコツです。

 

かつて私の会社で私より先に退職した人がいたのですが、

曖昧な回答を続けていたら、退職日のぎりぎりまで電話で引き止められたりしたそうです。

 

相手も人間です。

 

退職を躊躇している方で

残りの会社生活に不満を抱いている方も多いようです

 

よっぽど理不尽な人間がいない限り、

あなたが誠意を込めて各行動をとれば、

悪い結果にはなりません。

 

ただ、相手も人間です。

細かいアクションでも、

退職していく人間を悪く映らないよう、努力しましょう。

 

上述したように

退職意向を伝える時期や、

引き継ぎなどできる限りの努力のように

自分にできることは最後までやりきるようにしましょう。

 

ただし、そのために退職期間を延ばすなどは本末転倒になってしまうので注意ください。

 

以上、私の体験に基づく円満退職のコツでした。

 

-退職について

© 2021 仕事辞めていいですか? Powered by AFFINGER5