退職について

仕事を辞める前に貯金を

 

皆さん貯金は大事です。

 

…当たり前なこと言うなって?

かつての私も含めその当たり前なことをできない人はたくさんいます…

 

ただ、今の私が1つ言えることは、

退職を考えてる方で、すぐの転職を考えていないのなら、

ある程度貯金を用意しておくことを推奨します。

 

生活面はもちろんのこと、

精神面でも楽になれます。

これはホントに重要です。

 

貯金出来なかった理由、出来た理由

 

私も仕事をしていた頃、退職を決意するまでの3年少し…くらいはまぁ貯金なんて出来ませんでした。

これといった趣味はなかったはずですが、食事や飲み会、ちょっとした買い物などで簡単に給料は溶けていきましたね。

 

給料日を迎えては次の給料日までにお金を使い切る…

そんな無駄な永久機関が完成していました。

 

今思うと、かつて私が貯金できなかった理由としては、

将来のビジョンがなかったことが一番大きいですかね。

 

扶養家族もいない、やりたいことがあるわけでもない、

そういう状況下で、かつ、ズボラであったため、

お金を蓄えようと思っても三日坊主で終わったりなんてこともしばしば。

 

まぁ、あの頃は目先の仕事でいっぱいいっぱいだったから…

なんて言い訳をしてみたり。

 

私は退職を決意したタイミングで、

色々考慮した結果、辞める時までに150万は貯めようと目標を掲げたのですが、

1年経たないうちに目標は達成できました。

 

達成できた理由としては、

すぐに転職をするつもりがなかったため、

退職後の自分のビジョンを見据えられていたため、

が大きかったかと。

 

自分でも少しびっくりしていますが、

人間本当にやりたいことを見つけると本気になれるんだ

なんて柄にもなく思ったりしましたね。

 

ただ、将来のビジョンを見据えること

これは本当に大事なことだと思います。

 

意外にお金がかかる各種税金

 

皆さん、自分の給料から控除されている各種税金がどれくらいの金額かご存知ですか?

 

ズボラな私は退職を決意するまで正直あまり知りませんでした。

 

年金、健康保険、住民税…

詳細は別記事にまとめようと思っていますが、

退職後はもちろんこれらを自身で支払わなければいけません。

(住民税は少し特殊ですが)

 

退職後も5万程の金額が毎月発生すると思っておいていいでしょう。

 

退職後どれくらい期間が空いても貯蓄的に大丈夫なのか…

そこの折り合いをつけるのも退職前に考えておくべき観点ですね。

 

私の知人には年金を滞納してしまっている人もいますが…

自分の首を締めてしまうだけなので真似しないようにしましょう。

 

貯金はなによりメンタルのために

 

生活、各種税金、

それらのために貯蓄が必要なのは間違いないですが…

私がなにより貯金のありがたみを実感しているのは、

新しいことへのチャレンジへの頭金なりうること

そして精神的負担を軽くしてくれることです。

 

私のように、退職後になにかやってみたいことがある、と思っている方、

何をするにしてもお金は必ず必要になってくるものです。

 

一体それにはどれほどの頭金が必要で、

どれほどの継続費がかかるものなのか、

是非計算してみてください。

その結果次第で退職までの目標貯金金額も変動するでしょう。

 

現在の私もそうですが、

新しいことをはじめ、それで生計を立てていこうとしても

すぐに収益が発生することは稀でしょう。

 

収益が発生するまでの生活を支えるという意味合いと、

及び自分の納得するまでそれを続けるという意味合い

私は貯金額を設定しました。

 

私の場合、最長1年は自分の納得するまでやってみようと思っていますので、

各種税金で約60万

やりたいことの頭金、継続費として約40万

生活費、その他諸々で約50万

といったところでなんとなーく150万を設定しました。

 

まあ、すごいざっくりとした計算ですし。

この定めは人によりけりでしょうが、

少なくともいつまでは今ある貯蓄でやりたいことができる、

という状況は精神的にかなり楽になりますよ。

 

将来を見据えた貯金を

 

退職を考えている方は

上述した通り、将来のビジョンを見据えることが大切です。

 

すぐ転職を考えている人は

収入が継続するので特に問題はないでしょうが、

 

退職を考えている人で、

なにかやろうと思っている方、

または少し休養しようと考えている方。

 

仕事を辞めて、家に引きこもっているだけでも

今の時代はお金が必要になるもので、

その金額は意外に想像している以上に必要になるかもしれません。

 

軽い気持ちで退職を決めてしまう前に、

自分の現在の貯蓄と、そして収益が発生しない期間を鑑みて、

退職までに一定額の貯蓄を用意することをおすすめします。

 

失業保険もありますが、

支給は場合にもよりけりですが、基本的にもらえるのは3ヶ月程後の話になりますので…

これに頼り過ぎるのもよくありません。

(こちらも詳細は別記事で)

 

とはいえ、パワハラ、セクハラといった理由で、

今すぐに辞めざるをえない人もいるかもしれません。

 

そういった人は貯金より退職を優先しましょう。

お金を貯めておくことのメリットは退職後の生活、精神負担を和らげるためです。

そのために今のそれらを代償にするのは本末転倒ですからね。

 

以上、私からの退職におけるリアルな意見でした。

-退職について

© 2021 仕事辞めていいですか? Powered by AFFINGER5