体験談

仕事のための外泊は危険

 

仕事のために会社、または付近のホテルなどに寝泊まりしている、

そんな方はいませんか。

私もかつてそんな時期がありました。

 

止めましょう。

ほんとによくないですよ、あれ。

 

当時、私は生きるために仕事をしているはずなのに

仕事をするために生きているかのように錯覚したことがあります。

 

現在まさにそういうことをしている方は

まず現状の異常性を自覚しましょう。

 

睡眠時間3時間の生活

 

以下の記事で紹介しましたが、かつてなかなかの長時間労働を経験しました。

 

あなたはなんのために働いていますか?

 

その頃の私はまあろくでもない生活を送ってましてね。

 

朝9時に出社し、

明朝の5時までオフィスで残業

近くのカプセルホテルで3時間ほど睡眠

朝9時に出社

 

2ヶ月くらいはこんな日々をループしておりました。

まあたまには家に帰ってもいましたが

 

そして私の場合は上司には黙って行っていたわけで…

費用なども全て自腹でした。

うーん、この愚か者。

 

今思うと、そんな生活を送ってまで、

仕事に尽くす必要性があったのか?

というのが私の素直な感想ですね。

 

まあケースはどうあれ、

 

家に帰れないレベルでの残業は容認するのは

自分のためにも、世の中のためにもなりません。

(そもそも私は残業という文化が嫌いですが)

そして何より精神的によろしくありません。

 

会社に尽くす精神

 

私と同じケースで、

自分に与えられた仕事だから責任をもってやり遂げなきゃ、

会社が忙しい時期だから私も力にならなきゃ、

なんて思っている方。

 

このパターンが一番危ういです。

 

身体が限界を迎える、または

第三者によって強制的に止められるようなことがないと

いつまでも働き続けてしまう恐れがあります。

 

真面目すぎる、神経質すぎる人が該当するかと思います。

 

私は八方美人でありたがったが故に

人の頼みはなんでも受け入れる悪いくせがありました。

 

そのため、自分が辛い目に合うのも厭わなかったり。

 

私の体験も鑑みて答えると。

確かにその行動で周りの評価はもらえます。

 

特に会社からしてみればそんな人がいれば大助かりでしょうね。

窮地の頼り先ができるのですから。

 

その精神、感情論でいえば素敵なことだと思います。

 

でもそれって結局のところ

働く理由と行動が矛盾しているんじゃないかなと思うんですね。

 

私が八方美人でありたかった理由は社会生活を円満に進めるためでしたが、

働く理由は生活のためにお金を稼ぐためですからね。

生活を置き去りにする残業はそもそも自分の意思に反していたことに気づくのに

長い時間がかかりました。

 

残業代が貰えるから?

 

私の知人にはかつて仕事で

ホテルに泊まり込みを強いられるほど稼働の高い時期があったようで、

 

なぜその生活が許容できたのか質問してみたところ。

 

「残業代もらえるからまあいいかなって」

 

という回答をもらいました。

 

かつての私のようではなく、このような回答のほうがまだわかります。

理由が徹頭徹尾自分のためですからね。

 

ただ、やはりその境遇を許しているというのは違うかなと。

 

そもそもそんな状況になること自体がよいことではないのです。

「どこでも忙しい時期はあるだろう」

なんて誘い文句でその状況がおかしいことではないと

感じる人が増え、それが伝染する。

負の連鎖だと思います。

 

そしてお金を稼ぐ方法は他にもあります。

 

終身雇用が当たり前でなくなった昨今、

副業をしている人だって今どき珍しくありません。

 

その長い残業に当てられる時間を

もっと有効に使う方法は必ずあるはずです。

 

残業を許す口実なんてない

 

外泊を伴う残業、と限定しましたが、

前述したように、昨今当たり前なように根付いている

残業という文化に対して苦言を呈したいところです。

 

私は上述したように確かに厳しい稼働時間を経験しましたが、

それ以外でも当たり前のように残業は発生していました。

 

今になって怖いと思うのは、

 

残業なんてして当たり前、

むしろしないのが悪だというかのような現場の空気、

そして何よりそれをあまりおかしいと思っていなかった自分です。

 

残業に苦しんでいる人は世の中ほんとにたくさんいます。

 

そういう人たちは本当に考えを改め、現状を脱してほしいです。

 

残業を無理やり正当化していませんか?

あなたが働いている理由をもう一度考えてみましょう。

そしてお金を稼ぐ方法なら他にもありますよ。

 

あと、個人的に言わせてください。

 

そんな残業を武勇伝のように語る上司の方々、

ほんとにやめてください。

若い社員は経験ではあなた達に敵わないんだから、

残業して当然みたいな空気を出されると従わざるを得なくなるんですよ。

そしてそれが一番負の連鎖に繋がるんです

 

見に覚えのある人いませんか?

その状況を抜け出すには思い切って退職してみるのもいいかもしれませんね。

 

以上、残業に対する憤りを募らせた私の体験談でした。

 

-体験談

© 2021 仕事辞めていいですか? Powered by AFFINGER5